ヤンゴンのカフェでおしゃれでおすすめのお店5選まとめ!

ミャンマー

スポンサーリンク

ヤンゴンのオシャレでおすすめのカフェを5つまとめました。

場所も観光地の近くにあるものばかりなので、

観光の予定にあわせて利用してみてくださいね。

 

※記事の内容は2019年11月現在のものです。

スポンサーリンク

ヤンゴンのダウンタウン観光で休憩にピッタリのカフェParisian!

スーレーパゴダのすぐ近くにあり、

観光の一休みにぴったりなカフェがParisian。

ここからはParisianについて以下の順でご紹介します。

・Parisianの基本情報。

・Parisianの場所と行き方

・Parisianの様子。

Parisianの基本情報について

開店時間 : 8:00~21:00

定休日 : なし。

住所(GPSの座標) : Q5G5+9M ヤンゴン, ミャンマー (ビルマ)

トイレ : あり

予算 : 1人300円程度

Parisianの場所と行き方について

Parisianはスーレーパゴダのすぐ近くにあります。

 

スーレーパゴダを観光する前後に利用すると便利です。

徒歩数分とすごく近いですよ。

Parisianの様子について

わたしたちはアウンサン・スーチーさんのお父さんの

暗殺現場から歩いてParisianに行きました。

口コミが良かったのと立地がよかったので利用することにしました。

 

中は観光客がお茶を飲んで涼んでる感じです。

テーブルはとっても小さかったです。

 

入ってすぐパンが並んでいます。

パンはそれほど種類は多くありませんが

ケーキと飲み物はたっくさんありました!

 

二階上り口横のクッキー詰合せ。

 

ミャンマーとは思えないほどの品質の良さでした。

 

ケーキは一口サイズの小さなものから

この様にホールのものまでたくさんありました。

 

カウンターで飲み物を頼みますが

レジ横や上の方、下の方と

たくさんドリンクの名前がかいてあって

いや~、とっても迷っちゃいます!

 

働いてる人たちはみな若いですね。

悩んでチョイスしたのがこちら。

ブルーベリームースケーキ。

ストロベリーシェイク、

カフェラテ2000チャット(140円)。

 

迷うことなく選んだパン。

 

同じく迷わず選んだパン。

 

パンは思った通りの味でした。

飲み物が温かくてほっこりしました。

ミャンマーにクオリティーの高い

カフェがあることにも驚きでした。

 

パンを2つ、ケーキを1つ、飲み物を2つで

7700チャット(540円)。安いですね!

 

座った席が人の出入りがある1階だったので

ちょっと落ち着きませんがとても美味しかったです。

お客さんは昼時だったせいか多かったです。

二階席もありましたが行ったときはちょうど満席でした。

空いていれば落ち着いて食べられる二階がいいかもしれませんね。

 

ケーキと特に飲み物は種類が多く充実していると思います。

食事というよりも軽いお茶に最適かもしれませんね。

ヤンゴンにあるカフェKafe In Townはランチにもピッタリ!

マハバンドゥーラ公園(スーレーパゴダのすぐ近くにある公園)

のすぐ近くにあるKafe In Town

落ち着いた雰囲気で長居できるカフェです。

 

コーヒーも美味しくカフェメニューも

色々あるのでランチにもピッタリ!

Kafe In Townの以下の情報についてご紹介します。

・Kafe In Townの基本情報。

・Kafe In Townの場所と行き方。

・Kafe In Townの様子。

Kafe In Townの基本情報について

開店時間 : 7:30~23:00

定休日 : 日曜日

住所(GPS座標) : Q5C6+QG ヤンゴン, ミャンマー (ビルマ)

トイレ : あり

予算 : 1人500円程度

Kafe In Townの場所と行き方について

スーレーパゴダから徒歩7分程度と

利用しやすい場所にあります。

 

観光の途中の休憩はもちろん、

ランチやディナーにも使えますね。

Kafe In Townの様子について

楽しみにして行ったのですが、

店内が暗くてもしかしてやっていないのかなぁ

と思っていたら、中に人がいたので聞いてみました。

…店休日とのことでした。Σ( ̄ロ ̄lll)

日曜日はお店が休みなので注意してくださいね…。

 

残念ながら今回は行けませんでしたが、

メニューを見ると食事は200円~300程度、

飲み物のコーヒー類も200円前後、

ケーキ類も200円程度なので利用しやすい価格ですね。

 

口コミでも、

店内はキレイで接客もよく、感じのいいお店。

コーヒーは濃厚で美味しいと高評価でした。

ミャンマー料理やタイ料理がいただけるようです。

ヤンゴンで美味しいコーヒーを飲むならイージースペシャリティーコーヒー

ヤンゴンで唯一?

スペシャリティーコーヒーが飲めるカフェ

イージースペシャリティーコーヒー

(EASY Specialty Coffee & Gentleman Coffee Roasters)

 

美味しいコーヒーが飲みたくなった時に

立ち寄りたいカフェですね。

 

イージースペシャリティーコーヒー

について以下の順番で情報をまとめました。

・イージースペシャリティーコーヒーの基本情報。

・イージースペシャリティーコーヒーの場所と行き方。

・イージースペシャリティーコーヒーの様子。

イージースペシャリティーコーヒーの基本情報について

開店時間 : 8:00~20:00

定休日 : なし。

住所 : 30A, Street Bo Yar Nyunt Rd, Yangon 11191 ミャンマー (ビルマ)

トイレ : あります。

WiFi : あります。

予算 : 1人300円~。

イージースペシャリティーコーヒーの場所と行き方について

イージースペシャリティーコーヒーの場所は

ボージョーアウンサンマーケットの近くにあります。

 

ボージョーアウンサンマーケットから

徒歩6分程度の距離なので

ボージョーアウンサンマーケットを見たあとの

ティータイムに寄ってもいいですね。

イージースペシャリティーコーヒーの様子について

コーヒー好きの夫がぜひ寄りたいと言っていましたが、

観光時間の都合で寄れませんでした。

 

口コミを見ると、

飲み物とデザートがとても美味しいと評価も高かったです。

価格は少し高いようですが、

スペシャリティーコーヒー店なのでそこは仕方ないですよね。

(といっても日本に比べたら安いんです)

 

カフェラテが4000チャット(約280円)

スペシャリティーコーヒー類も300円~400円くらいです。

ケーキやサンドウィッチもあるそうです。

Cafe Salween 落ち着いた雰囲気でコーヒーが飲めるカフェ

Cafe Salweenは静かで落ち着いた雰囲気のカフェです。

コーヒーだけじゃなく食事もできますよ。

 

Cafe Salweenについて以下の順番で情報を載せています。

・Cafe Salweenの基本情報。

・Cafe Salweenの場所と行き方。

・Cafe Salweenの様子。

Cafe Salweenの基本情報について

開店時間 : 6:00~20:00

定休日 : なし。

住所 : G15, Urban Asia Center, Maha Bandula Road, Between 47th and 48th Street Yangon, 11161 ミャンマー (ビルマ)

トイレ : あります。

WiFi : あります。

予算 : 1人700円~(飲み物とフード)、サービス料10%

Cafe Salweenの場所と行き方について

Cafe Salweenはダウンタウンの東側にあります。

 

アウンサン・スーチーさんのお父さんが

暗殺されたThe Secretariatから歩いて数分の場所です。

もしこちらに観光に来たときは立ち寄ってもいいと思います。

Cafe Salweenの様子について

こちらのカフェsalweenも人気なのですが、

観光を優先したために今回は来る機会がありませんでした。

 

休憩だけじゃなく食事もできるので、

ランチに利用してもいいと思いました。

 

パスタや食事が400円くらい。

コーヒー類は300円前後です。

Tokyo Coffee ヤンゴンで日本のモーニングがあるカフェ

Tokyo Coffeeのマスターは都内で何十年も

喫茶店を経営されておられたそうです。

日本と同じようなコーヒーやケーキを

いただくことができますよ。

 

Tokyo Coffeeについて以下の順番でご紹介します。

・Tokyo Coffeeの基本情報。

・Tokyo Coffeeの場所と行き方。

・Tokyo Coffeeの様子。

Tokyo Coffeeの基本情報について

開店時間 : 8:00~22:00

定休日 : なし。

住所 : MM ရန်ကုန် MM Yangon Pa/25, Padonmar St, Yangon, ミャンマー (ビルマ)

トイレ : あり

予算 : 1人500円程度

Tokyo Coffeeの場所と行き方について

Tokyo Coffeeは

シュエダゴンパゴダの西3キロの場所にあります。

 

ダウンタウンからは離れているので、

タクシーかgrabでの移動になりますね。

Tokyo Coffeeの様子について

こちらのコーヒー店、

実は帰国してから存在を知りました…

 

日本で喫茶店をしてたオーナーが、

ヤンゴンに来てからも自家焙煎にこだわって、

サイフォンでコーヒーをいれているそうです。

 

しかもモーニングやランチもあるので

ミャンマー料理に飽きたらぜひ足を運びたい場所だと思いました。

次回ヤンゴンに来たら必ず立ち寄りたい店。

 

コーヒーは250円程度。

ランチは400円程度。

手ごろな値段で日本の味が楽しめるのは嬉しいですね。

まとめ

わたしたちはヤンゴン滞在中は残念ながら

カフェでゆっくりする時間がほとんどとれませんでした。

次回ヤンゴンに来たときには今回ご紹介したお店に行って

実際に利用した時の様子をまたお伝えしたいと思います。

 

ヤンゴンのカフェ以外のグルメ情報は下の記事からご覧くださいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました